Facebook利用者動態調査 World 2012

2012年9月14日に誕生して8年でアクティブユーザー10億人を突破したソーシャル・ネットワーキング・サービス Facebook。

Facebook利用者動態調査 Japan 2012 に続いて、今回はグローバルに視野を広げて見渡してみた。

調査の内容は、各国の人口当たりシェア。

総人口のほか、経済の基礎的条件 (ファンダメンタルズ) の一つの指標として一人当たり国内総生産も加えてみた。G7, G20の主要国別やOECD (経済協力開発機構) やASEAN (東南アジア諸国連合) など地域機構、国際機関別に分けてみたり、気になったアラブの春も。

集計方法

  • 2012/9/25に調査を実施
  • 「Facebookに広告を掲載」の広告の対象に表示される数値を集計。数値に誤差あり。
  • 数値は「厳密年齢ターゲット設定を有効にする」がオンの状態で抽出
  • 総人口数は、United Nations, World Population Prospects, The 2010 Revision, Total population (both sexes combined) by major area, region and country, annually for 1950-2100 (thousands) Estimates, 1950-2010 の2010年から
    http://esa.un.org/wpp/excel-Data/population.htm
  • 一人当たり国内総生産は、International Monetary Fund, World Economic Outlook Database, April 2012,
    5. Report for Selected Countries and Subjects から
続きを読む "Facebook利用者動態調査 World 2012"

Facebook利用者動態調査 Japan 2012

Facebookに「Facebookに広告を掲載」ページがあります。広告をするときに都道府県や年齢、性別、他学歴などいろいろな条件でターゲットを絞り込むことができます。そのときに広告の対象となる人数が表示されます。今回それを利用して Facebook の利用者動態を調査して全体像を把握してみようと。ちょっと期待薄ですが、Facebookの仕様が変わらなければ毎年実施して、見てみたら何か発見があるのではないかと。

調査の内容は、性別構成、地域別構成、人口当たりシェア、年代別構成の4つ。

集計方法

続きを読む "Facebook利用者動態調査 Japan 2012"

デバイスを自由に追加できる新機能「Custom Switcher」がWordPressプラグイン「Multi Device Switcher」に加わりました

デバイス毎にテーマを切り替える WordPress プラグイン「Multi Device Switcher」がアップグレードして新しい機能が加わりました。

信頼性を高めるためアップグレードを繰り返してきました。今回のアップグレードではあらゆるデバイスに対応する「Custom Switcher」という機能をつけました。

WordPress プラグイン「Multi Device Switcher」は WordPress のコンテンツマネジメントシステムを活かしてワンソース・マルチデバイスが実現するプラグインです。デバイス (現在 スマートフォン、タブレット端末、携帯モバイル、ゲームの 4 つに対応) によって自動的にテーマが切り替わります。

さらに新機能「Custom Switcher」では、対応するデバイスを自由に加えることができます。

ユーザーエージェントを設定して、ウェブサイトを IE6 などレガシーブラウザに最適化したり、スマートフォンの対応を細分化したり、スマートテレビや電子書籍端末、カーナビなど今後新しく出てくる、インターネットに接続するデバイスに対応できます。テーマを切り替えて柔軟なウェブサイトの運営が実現します。

Custom Switcher の使い方

  1. WordPress メニュー「外観 > マルチデバイス」へ
  2. Custom Switcher (半角英数字 20 文字以内) を入力して、「追加」ボタンを押します。
  3. 追加した Custom Switcher のオプション「テーマ」と「ユーザーエージェント」を設定します。
  4. 完了

Download:

WordPress のプラグインページからどうぞ。

Installation:

WordPress プラグイン「Multi Device Switcher」のインストール詳細はこちらからどうぞ。

UserAgent Settings Samples (Wiki):

Code Repository:

thingsym / multi-device-switcher (GitHub)

Licenses:

Licensed under GPL version 2.0

Donationware:

よろしければ、開発とメンテナンスのために寄付していただければうれしいです。


Donationware



楽天市場の商品ページから商品リンクが作成できるブックマークレット「楽ちんアフィレット」

楽天市場の商品ページから商品リンクが作成できるブックマークレット「楽ちんアフィレット」をつくりました。

たまに商品リンクを使うときがあって、そのときは楽天アフィリエイトのページで商品ページのアドレスを入力して商品リンクを作成していたのですが。いちいち面倒だなぁ。商品ページから直接商品リンクが作成できたらいいいなぁと...。アマゾンの商品ページにはアソシエイトツールバーがあって、そこから直接商品リンクの作成ができますが、楽天市場では楽天ブックスなど一部を除き、直接商品リンクの作成ができないようだったので、ブックマークを選ぶと直接商品リンクを作成するページにダイレクトに飛ぶブックマークレットをこさえました。

インストール

以下のリンクをブックマークツールバーにドラッグ&ドロップするか、ブックマークに登録してください。

楽ちんアフィレット

商品ページでブックマークに登録している「楽ちんアフィレット」を押すだけで商品リンク作成ページが表示。リンクの作成が楽ちんにできます。あとは、こんな感じでブログやホームページに貼り付けるだけ。

使いかた

  1. 楽天市場の商品ページへ。
  2. ブックマークに登録している「楽ちんアフィレット」を押してください。
  3. 商品リンク作成ページが別ウインドウで開きます。(ログイン時)
  4. HTMLソースをブログやホームページに貼り付けます。

ブログの記事作成やコンテンツ制作のお供にどうぞ。

Enjoy Shopping!! Enjoy Affiliate!!

「#!/usr/bin/perl –」はFTP転送モードの問題? 実はFTPサーバ設定の問題

Perl のパス 「#!/usr/bin/perl -w」では正常に動くのに、「#!/usr/bin/perl」では「Internal Server Error」に。

cgiスクリプトの記述や設定が正しくなかったり、サーバ内部でエラーが発生した場合に返されるのが「Internal Server Error (HTTPステータスコード500)」。エラーがあるのは分かるが、原因がわからない、Webエンジニアにとって頭を悩ます「Internal Server Error」。

その原因も様々。原因が明らかにできなければ対策も解決もできない。Perl パスの問題かと思いきや、FTPの転送モードの問題?、実はFTP サーバ設定の問題というちょっと複雑。そんな問題に直面した備忘メモ。

現象

  1. FTP を使ってアスキーモードでファイルをアップロード
  2. Perl のパス 「#!/usr/bin/perl」 では cgi が 「Internal Server Error (HTTPステータスコード500)」に
  3. Perl のパス 「#!/usr/bin/perl -w」 または 「#!/usr/bin/perl --」 では正常に動作する
  4. 改行コードが問題と思ってファイルの改行コードを「LF」に変換
  5. 再度、FTP を使ってアスキーモードでファイルをアップロードしても同じ現象に
  6. 「あれれ」無限ループにはまる。

さらに突き詰めると、

シェル上でスクリプトを走らせると、

/usr/bin/perl^M: bad interpreter: No such file or directory

とエラーに

さらに突き詰めると、

FTP サーバに vsftpd を使っている

原因

FTP サーバ vsftpd では、ファイルの改行コードが変換されないこと。

解決

改行コードを「LF」に変換するだけという、単純なものではありません。

実際は、ファイルをアスキーモードでFTPアップロードしても、改行コード「LF」に変換されません。

それは、FTP サーバ vsftpd ではアスキーモードでのダウンロード・アップロードのデフォルト設定が無効になっているから。

ということで vsftpd の設定をしてみる。

1. vsftpd の設定をする

シェル上で vsftpd.conf を編集。

vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

設定内容を

ascii_download_enable=NO
ascii_upload_enable=NO

から

ascii_download_enable=YES
ascii_upload_enable=YES

に変更して有効に

2. vsftpdを再起動

service vsftpd restart

3. ファイルを再度アップロードする

4. 確認。Perl のパス「#!/usr/bin/perl」でうまく表示できた。

complete!!

教訓

FTPの転送間違えの他、視野を広げてFTP サーバの設定も診てみよう。

関連サイト

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ