MySQL Community Server 5.6.x にアップグレード (Mac OS X)

データベースエンジン InnoDB (イノデービー) やレプリケーションが大幅に改善した MySQL 5.6。Mac OS X (v10.8.3) にある MySQL (v5.5.28) を バージョン 5.6.x にアップグレード。データの移行と環境構築をしてみた。

アップグレードする前に MySQL のデータをバックアップすることをおすすめします。

  1. 環境設定パネルやコンソールを使って稼働中の MySQL をいったん停止します。
  2. Download MySQL Community Server から MySQL の最新バージョン、Mac OS X ver. 10.7 (x86, 64-bit), DMG Archive (mysql-5.6.x-osx10.7-x86_64.dmg) をダウンロード。
  3. mysql-5.6.x-osx10.7-x86_64.dmg をダブルクリックして展開。
  4. mysql-5.6.x-osx10.7-x86_64.pkg をダブルクリック。Macのセキュリティ設定上、ダイアログボックスが表示される場合は、いったん閉じて mysql-5.6.x-osx10.7-x86_64.pkg を「control + クリック (右クリック)」でコンテキストメニューを表示。「開く」メニューをクリック。ダイアログボックスの「開く」ボタンを押します。

  5. インストーラーに沿ってインストール。
  6. 必要に応じて MySQLStartupItem.pkg をダブルクリックしてインストール。
  7. MySQL.prefPane もダブルクリック 。環境設定パネルを置き換えます。
  8. インストール完了。

MySQLデータの移行

前バージョンのデータベースのデータを最新バージョンの MySQL へ。ごっそり置き換えます。

ターミナル上で、

$ sudo cp -pfR /usr/local/mysql-5.5.28-osx10.6-x86_64/data /usr/local/mysql-5.6.x-osx10.7-x86_64/

データ移行完了。

MySQL を起動

ターミナル上で

$ sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM start

または、アップルメニュー「システム環境設定 > MySQL」から「Start MySQL Server」ボタンを押します。stopped から runing に。

DBD::mysql アップグレード

Movable Type が動かず。

install_driver(mysql) failed: Attempt to reload DBD/mysql.pm aborted. Compilation failed in require.
$ cpanm DBD::mysql

で、DBD::mysql をアップグレードすると

Library not loaded: libmysqlclient.18.dylib でエラーに

Error: Can't load '/private/var/root/.cpanm/work/1365857788.17684/DBD-mysql-4.023/blib/arch/auto/DBD/mysql/mysql.bundle' for module DBD::mysql: dlopen(/private/var/root/.cpanm/work/1365857788.17684/DBD-mysql-4.023/blib/arch/auto/DBD/mysql/mysql.bundle, 2): Library not loaded: libmysqlclient.18.dylib

前バージョンの libmysqlclient.18.dylib にシンボリックリンクを張っているのでエラーに。最新バージョンの libmysqlclient.18.dylib にシンボリックリンクを張り替える。

$ rm /usr/lib/libmysqlclient.18.dylib
$ ln -s /usr/local/mysql-5.6.x-osx10.7-x86_64/lib/libmysqlclient.18.dylib /usr/lib/libmysqlclient.18.dylib

再度アップグレード。

$ cpanm DBD::mysql

Movable Type が動いた。

MySQL 5.6.x のアップグレード完了。

モバイルサイトとPCサイトを切り替える新機能「PC Switcher」がWordPressプラグイン「Multi Device Switcher」に加わりました

デバイス毎にテーマを切り替える WordPress プラグイン「Multi Device Switcher」には、いままでスマートフォン用サイトと PC 用サイトの切り替え機能を付けていなかったのですが、今回アップグレードして新たに付けてみました。

続きを読む "モバイルサイトとPCサイトを切り替える新機能「PC Switcher」がWordPressプラグイン「Multi Device Switcher」に加わりました"

WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」でAndroidスマホとタブレット端末のWordPressテーマ切り替え方法

(2015年5月25日追記) WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」バージョン 1.4.2 以降からアンドロイド端末のスマホとタブレット別々にテーマが切り替わるように仕様を変更しました。いままでこの記事を参考に手動でやってもらっていましたが、これからは必要ありません。WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」を有効化するだけでテーマが切り替わります。すでにユーザーエージェントを変更されている方は、
Default UserAgent を参考にユーザーエージェントが編集できます。これからもWordPressプラグイン「Multi Device Switcher」 をよろしくお願いいたします。

WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」は iPhone, iPod, Nexus 7 などデバイスの名称 (ブランド) をベースに WordPress のテーマを切り替えることを基本としています。

そこで問題になるのが Android OS のデバイスです。
Android はオープンソースで、メーカーは Android を自由にデバイスに組み込めるため、いろいろな Android 端末がリリースされます。ほんとうに多彩です。

現状「Multi Device Switcher」でもデフォルトのユーザーエージェント設定は、スマートフォン用のユーザーエージェントに「Android」が入っています。Android が搭載されているスマホとタブレット端末の両方がスマートフォン用テーマに切り替えられます。

そこで「Android スマホとタブレット端末別々に切り替えられないの?」「やってみたけれどうまくできなかった」とご質問をいただきます。

続きを読む "WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」でAndroidスマホとタブレット端末のWordPressテーマ切り替え方法"

WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」で「Fatal error: Call to undefined function wp_get_theme()」エラー対処方法

メールやツイッター、ブログコメントでおなじ質問がいくつかありました。WordPress はどんどんアップグレードして進化していますが、対処方法をシェアしたいと思います。

WordPressバージョン 3.3.x 以下で「Multi Device Switcher」をインストールして、メニュー「外観 > マルチデバイス」を開くと真っ白な画面が表示。または、PHPのエラー/警告内容を表示設定をしていると以下のようなエラーメッセージが表示される。

Fatal error: Call to undefined function wp_get_theme() in /path/to/wp-content/plugins/multi-device-switcher/multi-device-switcher.php on line 356

これは、Wordpress 3.4 で非推奨になった関数 (get_theme) を新しい関数に置き換えたことが原因で表示されます。WordPressバージョン 3.3.x 以下では新しい関数 (wp_get_theme) に対応していないため、エラーになります。

解決策は 2 つあります。

以下の方法で解決できます。

  • Multi Device Switcher の前バージョン 1.0.3 をインストールする
  • WordpPress をバージョン 3.4 以降の最新版に更新する (こっちを推奨します)

なお、WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」バージョン 1.1.2 から インストール要件として WordPress 3.4 以降に変更しました。

おかしいなと思ったら、試してみてください。

WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」のダウンロード・インストール / 関連リンク・記事

Googleの検索結果に DMOZ のデータが表示されないようにする方法

Open Directory Project (DMOZ) にウェブサイトを登録していると、Google の検索結果に DMOZ で登録された説明文がサイトの説明文 (スニペット) として表示されます。
ウェブサイトをリニューアルしたり、長年運営していると、DMOZ で登録した説明文とサイトの内容にコンセプトの整合性がなくなったり、融通さがなくなっているのを感じて。SEO 的にもデメリットかなぁと。
そこでサイトの説明文をサイトの内容を反映したものにしたいと思って DMOZ から切り替えられるのかなぁと調べてみると。ありました。
サイトの検索結果に DMOZ のデータが表示されないようにする
トップページの HTML にメタタグを追加。

<meta name="googlebot" content="NOODP">

クロールされるまで 1 週間ぐらい待って確認すると、確かにサイトの内容を反映したものがサイトの説明文になりました。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ