TwitterのFollowバッジ「TwitterFollowBadge」を付けてみる

Twitter活用術にもフォローボタンが用意されていますが。

TwitterFollowBadge はブラウザの左右に張り付いたバッジ。ブラウザがスクロールしてもバッジが固定しているのが特長。ブログで Twitter のフォローを増やすのに一役買ってくれそうなサービス。Internet Explorer 6 には対応していないみたいだ。

バッジの取得は、 ページでバッジの設定をしてコードを取得。ブログに貼り付けるだけ。

1. TwitterFollowBadge ページにアクセス。

2. Twitter のアカウント名の入力。ほかラベルの文言、色、ブラウザ左右の表示位置、ブラウザの上部からの位置を設定。

3. 「UPDATE CODE」を押して表示されるコードをコピー。

4. ブログやホームページの <body> タグ内にコードを貼り付ける。

できあがり!

Dashboardウィジェット「Twidget」をインストール (Mac OS X)

Mac OS X のダッシュボードからTwitterにツイートできるウィジェット「Twidget」を導入してみた。

ウィジェットは、フリーウェア。アップルのサイト「Apple - Downloads - Dashboard Widgets - Twidget」からダウンロードしてインストールできる。

UsernameとPasswordを設定。あわせて、タイムラインに表示する内容と更新時間を設定。これだけでダッシュボードからTwitterにツイートできる。

インターフェイスはシンプル。

下部にある矢印のクリックでタイムライン表示。最新20件まで表示。返信・ダイレクトメッセージ・お気に入りもアイコンをクリックするだけ。日本語にも対応。

関連サイト

Twitterのツイートをウェブサイトやブログに表示するウィジェットを導入

Twitterのツイートをウェブサイトやブログに表示するウィジェットを導入してみた。

ウィジェットは、Twitter活用術のウィジェットから設定してコードを取得、ブログに貼り付けるだけ。

1. ウィジェットページにアクセス。

2. 「自分のサイト」をクリック。プロフィールウィジェットをクリック。

3. Usernameを入力。あるいは、TwitterにログインしているとUsernameに自動登録。

4. 「Preferences」をクリックして設定。

5. 「デザイン」をクリックしてプロフィールウィジェットの色が選べます。

6. 「サイズ」をクリックしてレイアウトに合わせてサイズを設定。

7. 下の「完了&コード取得」を押して、コードをコピー。

8. ブログやHTMLに貼り付ける。

完了。

ISOイメージを (CD|DVD) に焼く (Mac OS X)

Windows でISOイメージを焼く場合は、ISO 形式での書き込みに対応しているライティングソフトが必要ですが、Mac OS X では普通に (CD|DVD) に焼けたりします。

1. 「移動 > ユーティリティ」 から「ディスクユーティリティ」を起動。

2. 「ディスクを作成」をクリックして、ISOイメージファイルを選択。

3. 空の (CD|DVD) を挿入して、「ディスクを作成」ボタンを押す。

4. 焼き終えるまでしばし休憩。

5. ISOイメージのできあがり。

KNOPPIX 日本語版を使ってみる

KNOPPIX (クノーピクス) とは、CDからブート可能な Linux ディストリビューション。

Windows が起動しなくなって大切なデータを取り出したり、データを復元するときに重宝する。KNOPPIX を CD から起動してデータを外部の USBメモリーや HDD に保存することでデータが救出できる。パソコントラブルでデータ復旧 (修復、復元) をしてくれる業者に持ち込む前に一度試してみたい。CD一枚持っておきたい何かと便利な OS だ。

KNOPPIX 日本語版を起動してみる

1. KNOPPIX日本語版からVMKNOPPIX X86 版のソースをダウンロード。

2. ダウンロードしたソースを CD に焼く。

注意としては、ISO イメージファイルを焼くこと。CD-R にファイルをコピーしただけでは機能しません。ISO 形式での書き込みに対応しているライティングソフトが必要です。Mac OSX では普通に焼けます。ISOイメージを (CD|DVD) に焼く (Mac OS X) を参考に

3. PC に CD を挿入して起動。

以上。

関連サイト

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ