中小企業のマーケティングやブランディングのコンサルティング。事業運営、組織運営のPDCA改善やホームページの制作、ウェブサイト改善などITネット活用を中心にサービスを提供しています。

PHPでHTML上にエラー表示/非表示する php.ini 設定

PHP でのエラー表示は php.ini にある

display_errors = On

で HTML 上にエラーが表示される。

display_errors = Off

で HTML 上に表示されなくなる。

さらにエラーレポートレベルによってエラーの種類を設定する必要がある。

PHP 4 と PHP 5 のデフォルトは

error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE

他は、全てのエラー出力をオフにする

error_reporting = 0

全てのエラーを出力する

error_reporting = E_ALL

など定義済み定数で細かく設定できる。

php.ini にあるサンプルには

error_reporting
Default Value: E_ALL & ~E_NOTICE
Development Value: E_ALL | E_STRICT
Production Value: E_ALL & ~E_DEPRECATED

とある。

開発環境には以下の設定を。

error_reporting = E_ALL | E_STRICT

E_ALL には PHP5 から追加された E_STRICT が含まれていないため、E_STRICT で互換性がない推奨されていないコードの警告とスクリプトのチェックをしたい。

Webサービスとして運営する時には、

error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED

PHP 5.3.0 で新しく加わった E_DEPRECATED で特定の機能が将来のPHPバージョンで推奨されない場合に警告が表示されるので、回避策として。

さらに

display_errors = Off

でエラー表示をなくしたい。

関連サイト

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

購読