中小企業のマーケティングやブランディングのコンサルティング。事業運営、組織運営のPDCA改善やホームページの制作、ウェブサイト改善などITネット活用を中心にサービスを提供しています。

Fatal error: Allowed memory size of … に対処してPHPの使用メモリを増やす

WordPress などを使っていると PHP スクリプトがサーバーに割り当てられたメモリをオーバーして使用している際に遭遇する。

Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted (tried to allocate 19456 bytes) in ....

そこで、メモリーを増やすことに。設定は /etc/php.ini に。

memory_limit = 16M

から

memory_limit = 32M

に変更して保存。

Apacheを再起動して確認。

あらら、またまた同じエラーが。

Fatal error: Allowed memory size of 16777216 bytes exhausted (tried to allocate 19456 bytes) in ....

phpinfo() で確認すると、memory_limit の項目が Master Value では 32M。Local Value では 16M と php.ini で設定された値とは別に .htaccess や httpd.conf など他のどこかで設定されているようだ。

サーバーに ServersMan@VPS を使っている場合、いろいろ探してみるとサブドメインの設定 (/etc/httpd/conf.d/subdomains/site1.xxx.conf) に該当箇所があった。削除するか、

php_admin_value memory_limit 16M

から

php_admin_value memory_limit 32M

に変更保存。

再びサーバ再起動。

/etc/init.d/httpd restart

phpinfo() でも Master Value と Local Value が同じ 32M を確認。

きちっとメモリーが割り当てられた。

関連サイト

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

購読