事業の成長を支えるマーケティングの顧問サービス / ウェブサイト内製・自主運営

カスタム投稿タイプのデフォルトウィジェット一式が詰まったWordPressプラグイン「Custom Post Type Widgets」をリリースしました

カスタム投稿タイプで活用できるデフォルトウィジェット 6 点が詰まった WordPressプラグイン「Custom Post Type Widgets」を作りました。

作ったのはおよそ 3 年前になりますが。最近ソースコードを整理して、というかほぼ標準ウィジェットのソースをベースに機能拡張とリファクタリングしたのをリリースしました。

デフォルトウィジェット 6 点

機能は、Custom Post Type や Taxonomy で絞り込みができる以外は、WordPressの標準ウィジェットとほぼ同じです。






ユーティリティプラグイン「Custom Post Type Rewrite」で日付ベースのパーマリンクを追加

デフォルトでは、カスタム投稿タイプでカレンダーやアーカイブなど日付ベースのリンクが機能しません。WordPressは、カスタム投稿タイプを使ったパーマリンク設定が一部用意されていないようです。なのでカスタム投稿タイプでブログと同じように機能しません。そのためには、カスタム投稿タイプのパーマリンク設定が編集できたり、パーマリンクを追加してくれるプラグインを導入する必要があります。

今回パーマリンクを追加してくれるユーティリティプラグイン「Custom Post Type Rewrite」も作ったのであわせて使ってみてください。ほかにパーマリンク構造が編集できるプラグイン「Custom Post Type Permalinks」などいろいろあるので検討してみてください。

以上でカスタム投稿タイプでブログとほぼ同じように機能します。個人的にコレを実現したかった。是非活用してみてください。

標準ウィジェットと置き換える方法

WordPressプラグイン「Custom Post Type Widgets」を有効化すると、WordPress管理画面のウィジェットにある「利用できるウィジェット」に標準のウィジェットといっしょに追加されます。

標準ウィジェットと機能的に同じで重複して並ぶのはあれだなぁと。標準ウィジェットと置き換えたい場合の Tips です。以下のソースを functions.php にコピペするだけ。

function remove_default_widget() {
unregister_widget( 'WP_Widget_Recent_Posts' );
unregister_widget( 'WP_Widget_Archives' );
unregister_widget( 'WP_Widget_Categories' );
unregister_widget( 'WP_Widget_Calendar' );
unregister_widget( 'WP_Widget_Recent_Comments' );
unregister_widget( 'WP_Widget_Tag_Cloud' );
}
add_action( 'widgets_init', 'remove_default_widget' );

管理画面をスッキリとさせたい場合はどうぞ。

参考: Function Reference/unregister widget

ダウンロード & インストール

WordPress の公式プラグインページ

ライセンス

GNU General Public License v2.0 (GPLv2) licenses

開発

GitHub

Donationware

よろしければ、開発とメンテナンスのために寄付していただければうれしいです。

If you like this plugin, please donate to support development and maintenance.

thingsymのほしい物リスト

シェア

カスタム投稿タイプのデフォルトウィジェット一式が詰まったWordPressプラグイン「Custom Post Type Widgets」をリリースしましたへの4件のコメント

  1. Kei

    こんにちは。Custom Post Type Widgetsをとあるサイトで使わせていただいています。
    そのサイトで、サイト内検索の検索対象が「投稿」のみ(固定ページなどが一切含まれなくなる)という問題が発生したので調べてみたところ、Custom Post Type Widgets 1.1.0を有効化していると、通常の検索フォームの処理も強制的に上書きしてしまい、通常の「投稿」しか検索対象とならなくなることがわかりました。
    おそらく1.1.0から追加された「Custom Post Type Search widget」機能の作用によるものだと思いますが、プラグインによらない通常のサイト内検索フォームの挙動は変更されたくないというパターンが多いと思い、バグと言っていいのか分かりませんが一応報告させていただきました。
    (当該のサイトではプラグインを1.0.4へダウングレードすることで、問題は解消しています。)
    もしよろしければ、今後のアップデートで、通常の検索結果は上書きしないよう検討お願いいたします。

  2. thingsym

    ご報告ありがとうございます。
    そうですね。
    今後のアップデートで調整してみたいと思います。

  3. ShiyuuNoda

    Custom Post Type Widgetsを使わせていただいております。
    カテゴリーのウィジェットにて、
    選択後のURLが「http://example.com/?(タクソノミー名)=(名前)」となっています。
    スラッグを設定しているとこれではアクセスできないので、
    widget-custom-post-type-categories.phpの43行目をslugに変更したのですが、
    これでは何か不具合とか起きてしまいますでしょうか…?

  4. thingsym

    ありがとうございます。
    特に不具合はおきないです。
    スラッグを設定してもリンクが機能するように見直したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

購読