シングスブログ

中小企業のマーケティングやブランディングのコンサルティング。事業開発 (ビジネスモデルの開発)、ウェブマーケティングやウェブサイト改善など事業の持続的・長期的な成長・発展に貢献できるサービスを提供しています。

ログ監視ツール Logwatch を使ってみる (アップデート版)

以前の記事から Logwatch のコマンドが変わっていたので、再度書き直しました。

以前から変わったところは、出力のところ。
前は、logwatch --print とするだけで標準出力できましたが、
logwatch --output stdout と出力指定をする必要があります。

Logwatch は、いろいろなログをまとめて集計し、レポートとして毎日定期的にメールで届けてくれる。不正アクセスや不具合の発見とサーバの監視に便利なツール。

Logwatch のインストール

Logwatch は Perl で書かれていて Perl 5.8 以上が必要です。

yumからのインストールは、

$ yum install logwatch

で、

ソースからのインストールは、こちらから

Logwatch をインストールした時点で cron に登録されているので、毎日指定した時刻または anacronでランダムな時刻に Logwatch のスクリプト (/etc/cron.daily/0logwatch) が実行されてレポートが届く。

logwatch の設定

logwatch の設定は、/usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.conf を編集する。標準設定のままで十分ですが、以下の項目を確認して設定。

#ログが保存されているディレクトリ
LogDir = /var/log
#メールの送信先
MailTo = user@hoge.com
#アーカイブされたログも含めるかどうか
Archives = Yes
#レポートの日付範囲を3つのオプションから。All, Today, Yesterday
Range = Yesterday
ログの詳細度、Low (=0), Med (=5), High (=10) または 0から10までの数字で
Detail = High
# チェックの対象となるサービスを /usr/share/logwatch/scripts/services/ 以下、あるいは All で指定。
Service = All
# メールコマンドパス
mailer = "/usr/sbin/sendmail -t"

サービスごとの個別設定は、/usr/share/logwatch/default.conf/services/ に用意されている。各サービスの設定ファイルを編集することで個別設定できる。

logwatch コマンドを使ってみる

標準出力

logwatch --output stdout

または、デフォルトで標準出力

logwatch

出力は、標準出力 (stdout) ほか、メール (mail) とファイル (file) への出力がある。

特定のサービスだけ出力

logwatch --output stdout --service http

複数のサービスにも

logwatch --output stdout --service http --service sshd

ログの詳細度を変えてみる

logwatch --output stdout --detail 10 --service http

メールに出力

logwatch --output mail --mailto user@hoge.com

ファイルに出力

logwatch --output file --filename /path/to/logwatch.txt

logwatch --help

Usage: /sbin/logwatch [--detail ] [--logfile ] [--output ]
   [--format ] [--encode ] [--numeric] [--no-oldfiles-log]
   [--mailto ] [--archives] [--range ] [--debug ]
   [--filename ] [--help|--usage] [--version] [--service ]
   [--hostformat ] [--hostlimit ] [--html_wrap ]

--detail : Report Detail Level - High, Med, Low or any #.
--logfile : *Name of a logfile definition to report on.
--logdir : Name of default directory where logs are stored.
--service : *Name of a service definition to report on.
--output : Report Output - stdout [default], mail, file.
--format : Report Format - text [default], html.
--encode : Enconding to use - none [default], base64.
--no-oldfiles-log: Suppress the logwatch log, which informs about the
                   old files in logwatch tmpdir.
--mailto : Mail report to .
--archives: Use archived log files too.
--filename : Used to specify they filename to save to. --filename  [Forces output to file].
--range : Date range: Yesterday, Today, All, Help
                             where help will describe additional options
--numeric: Display addresses numerically rather than symbolically and numerically
           (saves  a  nameserver address-to-name lookup).
--debug : Debug Level - High, Med, Low or any #.
--hostformat: Host Based Report Options - none [default], split, splitmail.
--hostlimit: Limit report to hostname - host1,host2.
--hostname: overwrites hostname
--html_wrap : Default is 80.
--version: Displays current version.
--help: This message.
--usage: Same as --help.
* = Switch can be specified multiple times...

関連サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です